• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

© 2019 by Akihisa Matzura Proudly created 

About

about Akihisa MatzuRa

I1964年4月30日東京生まれ

​作・編曲 / ピアノ・キーボード・ギター

 

作曲、アレンジ、サウンドプロデュース、シンセサイザーオペレーションを自らこなし、10代の頃より数多くのレコーディングセッション、ライヴに参加。徳永英明、秦基博、平井堅等の男性シンガーから、 絢香、JUJU、柴田淳、miwa 等の女性シンガーの作曲、編曲、プロ デュースまで幅広く手掛ける。 打ち込み系から生のバンドサウンド、繊細なストリングスアレンジ、 オーケストラアレンジと幅広い音楽の知識と世界を持つ。 非常に幅広い彼のサウンドは、数々の作品の中で強烈な存在感を放ち、 多方面から支持されている。 また、ヴォーカルディレクションは、アーティストからの支持も厚く、 コーラスアレンジにおいては、カヴァー作品にて、スティービー・ワンダー本人から大絶賛される。

 

その活動はJ-Popの域に止まらず、新潟で毎年行われる20万人規模の「にいがた総おどり祭」や奈良県国民文化祭への楽曲提供、2019国民文化祭新潟開会式オープニングフェスティバル音楽など、そのフィールドは更に拡がりをみせている。

また、自らが主催するミュージックラウンジ「松浦堂」ではワークショップやトークセッションなどの文化交流活動も行っている。

Akihisa Matzura is a cutting edge Japanese Music Producer. He is a highly skilled Producer, composer, arranger and musician . He also is a veteran of many recording sessions and concerts as a renowned keyboardist and Pianist. He has much knowledge, experience and taste as an engineer, band leader / arranger and orchestral arranger. He was highly praised by Stevie Wonder himself, for a vocal arrangement of Stevie's music, which Akihisa produced in Japan.